会社概要

沿革

1856年
初代 和田卯助、大阪道修町に鍵屋卯助商店を設立
1872年
ワダカルシウム製薬の前身、和田卯助商店と改称
1911年
和田政治郎(三代目 和田卯助)「ワダカルシューム」の製造を開始
1918年
発売元 和田卯助商店 「ワダカルシューム」の登録商標取得
1921年
新聞・雑誌に広告開始

広告開始

1946年
和田卯助 布施市稲田に工場完成
1948年
有限会社 ワダカルシューム工場設立
1952年
「小粒ワダカルシューム錠」製造発売
1953年
「ワダカルビタM」 製造発売
1956年
現本社所在地(大阪市鶴見区)に工場新設
1958年
ワダカルシウム製薬(株)に組織変更、同時に「ワダカルシューム錠」の処方も変更
1959年
「ワダカルベビー」製造発売
1963年
和田薬品(株)と合併
1964年
「ワダカルママ」製造発売
1967年
「ワダカルシュームA」製造発売
1976年
GMP適合工場新装完成
1990年
日本産婦人科学会とカルシウム剤経口投与による妊婦高血圧症の発症予防の研究を行い、学会で発表する
1991年
「山鹿子」 発売、「ワダカルキッズ」発売
1994年
「ワダカルシューム錠・末」ボトルとパッケージリニューアル発売
1995年
「ワダカルキッズカルシウム」 リニューアル発売
「ワダカルシュームCD3錠(240錠)」 発売
1997年
「ワダカルカルシウムコラーゲン」 発売
1998年
「ワダカルカルシウム&コラーゲン」 発売、滋賀工場の竣工
1999年
「ワダカルお料理カルシウム」 発売
「ワダカルシュームCD3錠(480錠)」 発売
2000年
「ワダカルグルコサミン」 発売
「山鹿子」→「さんろくし」リニューアル発売
2001年
イチョウ葉・イソフラボン発売、グルコサミン&ショウガエキス発売
2002年
「ワダカルシュームCD3錠」パッケージリニューアル発売、「クロレラ野菜Ca」発売
“骨やすめキャンペーン”実施、「ワダカルグルコサミン」通信販売開始
2003年
“骨こつキャンペーン”実施、「グルコサミン&コンドロイチン」通信販売開始
2004年
「カルコラーゲン」通信販売開始
2006年
本社ビル竣工
2007年
「カルコラーゲン」→「カルシウム&マグネシウム コラーゲン」リニューアル発売
「いちごカルシウム」発売
2008年
ピップフジモト株式会社グループに入る(現在フジモトHD株式会社)
通信販売部第1回歩こう会開催
歩こう会通信販売会員様向け「ワダカル新聞」創刊
ワダカル新聞
2009年
「ワダカルシュームエース」発売
「四季潤」発売
2011年
カルシウム製造開始より100周年
「カルシウム&マグネシウム コラーゲン」→「BPカルシウム&マグネシウム コラーゲン」リニューアル発売
2012年
「四季潤」リニューアル発売
「めぐりの十一源」発売
「プラセンタナチュレ」発売
「ノビダス」発売
2013年
通信販売専用医薬品「ロコフレックス」発売
2014年
「艶恵髪シリーズ」発売
2015年
「お料理カルシウム」発売
2016年
「小さな粒のカルシウム」発売
2017年
「5月2日」を『カルシウムの日』に制定 (社)日本記念日協会認定
2018年
「四季潤プレミアム」発売

ワダカルシューム錠の歴史

1940年代

戦後のワダカルシューム錠
1948年

戦後のワダカルシューム錠

1950年代

小粒ワダカルシューム錠
1952年

小粒ワダカルシューム錠

ワダカルシューム錠リニューアル
1955年

ワダカルシューム錠リニューアル

ワダカルベビー
1959年

ワダカルベビー

1960年代

ワダカルママ
1964年

ワダカルママ

ワダカルシュームA
1967年

ワダカルシュームA

1990年代

ワダカルキッズ
1991年

ワダカルキッズ

ワダカルシュームCD3錠
1991年

ワダカルシュームCD3錠

ワダカルシューム錠 パッケージリニューアル
1994年

ワダカルシューム錠 パッケージリニューアル

2000年代

ワダカルシュームエース
2009年

ワダカルシュームエース